インバウンド対応について

インバウンド対応のヒントや話題を取り上げていきます。

訪日客用の英語メニュー #3

写真をたくさん使った日本語メニュー、特にAdobe系のツールで作成したものがすでにある場合、同じものを英語で作成しようとすると、結構な費用が掛かってしまいます。 というのも、IllustratorやPhotoshopなど、メニュー作成によく使われるAdobeソフトウェアはMicrosoft Office系に比べて難しく、(というより目的が違うので本来は比べるのも適切ではないのかもしれませんが)、操作できる人が相対的に少ないため、単純な編集でも単価が高くなってしまう場合が多いからです。...

read more

訪日客用の英語メニュー #2

英語で注文を取る際に気になるのが、聞き間違い。間違いを極力減らすために、メニューに番号をつけることをお勧めします。日本語と対で番号を振っておけば確認も簡単にできますので、まずは簡易メニューから始めてみるのも良いかと思います。 フォントを工夫することでシンプルなメニュー(サンプル・クリックしてご覧ください)でも、 それほど違和感なく使っていただくことができますので、日本語と同じデザインでメニューを作り直すことなく簡単に安価で作成できます。...

read more

おひとり様一品注文のお願い

複数名で来店されているのに、注文が1品だけというケース。国によってはそういう状況が珍しくない場合もあると思うので、あまりご本人たちは気にされていないのかもしれませんが、お店側にとっては正直アタマの痛い問題です。6人で来て5品注文なら許容範囲、お子さんは何とか。。などいろいろな状況もありますので、明示するのが適切かは非常に難しい判断になりますが、もしあまりにもそういうケースが目立ち、お困りになっている場合は、「Minimum one order per person,...

read more

TripAdvisor(トリップアドバイザー)を活用しましょう。

日本では、食べログを筆頭とする飲食店レビューサイトがいくつかあり、集客に大きな役割を担っています。海外でもそれぞれの国ごとレビューサイトがあるようですが、世界複数国をカバーしたサイトとしては、TripAdvisorが圧倒的な強さです。もともとはその名の通り、旅行全般に関わるレビューサイトで、宿泊施設のレビューはここが独占状態といっても過言ではありません。飲食についても英語で投稿する人が多く、一番レビュー数がある信頼性の高いサイト、という評価を得ているようです。...

read more

美味しいけど足りない…

日本食についてのインタビューから、もう一つ。 日本のお店で出されるごはんは、美味しいけど一人分が小さすぎ!らしいです。特に欧米系の男性にはどうしても物足りないとのこと。アメリカはかなりボリュームが大きくて、平均日本の2倍くらいあるんじゃないかと思うのですが、ヨーロッパはこれよりは少なく、おおよそ日本の1.5倍くらいらしいです。あくまでも個人的な感想ですが、全体的に日本の食事の1人前が小さいのは事実でしょう。 ごはんのお替りを無料でサービスしているお店は、Free refills for rice,...

read more

テーブルでの支払について

日本の飲食店では最近まで、キャッシャー(レジ)でのお支払という形がほとんどでしたが、欧米のレストランのようにテーブルで精算をするところが増えてきました。訪日客はどこで払うのか迷う方も多いと思いますので、「テーブルでお支払ください」という表示をしておくのも親切です。英語の表記としては、日本のお店では「Please pay at the table」というサインをみかけますが、欧米圏ではこの表現はあまり利用されていません。特定のウェイターにチップを払う習慣も関係してか「Please pay your...

read more

お通しについて

訪日客にインタビューをしていると、彼らの中で気になることとして「お通し」のシステムがよく出てきます。 気になる1点目は、お通しについて明記されていないところが多く、どういう基準で徴収されるのがわからないということ。旅行客だから取られてるんじゃないかという誤解による不満です。確かにお通し代については、日本語でもはっきり書かれていない場合もあり、1人数百円以上のチャージに納得いかないという声が多くありました。...

read more

訪日客の接客について<基本は日本語で!>

言葉の通じないお客様をお迎えするには、いろいろと心配があるかと思います。 英語でちゃんと話さなくては、と不安になるかもしれませんが、一つ確かなことは、基本は日本語で大丈夫!ということです。 私たちが海外の飲食店を訪れる際、流暢な日本語での応対を期待しないのと同じように、訪日客の方々も自国語で接してくれると思っている方はほとんどいません。(それよりも気になるのは、”歓迎されている”という雰囲気かどうかだそうです)...

read more
September 2017
S M T W T F S
« Mar    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

よくある質問

ealocaljapanの操作方法のFAQはこちらからもご覧いただけます。