日本食についてのインタビューから、もう一つ。

日本のお店で出されるごはんは、美味しいけど一人分が小さすぎ!らしいです。特に欧米系の男性にはどうしても物足りないとのこと。アメリカはかなりボリュームが大きくて、平均日本の2倍くらいあるんじゃないかと思うのですが、ヨーロッパはこれよりは少なく、おおよそ日本の1.5倍くらいらしいです。あくまでも個人的な感想ですが、全体的に日本の食事の1人前が小さいのは事実でしょう。

ごはんのお替りを無料でサービスしているお店は、Free refills for rice, (ライスはお替り無料)、 ごはん大盛が無料の場合は、Ask for extra rice (Free) (大盛ライス無料です、お声かけください)、Extra rice free (大盛ライス無料)などの表示をしておけば、きっと喜んでもらえます。ごはんお替り一杯だけ無料の場合は、Rice, one free refill という表現もできます。他のメニューにも応用できます。お味噌汁などは、ヨーロッパの人にも意外と好きな人がいるということです、Free refills for Miso soup。

国によって無料対象の感覚が違う可能性がありますので、なにがお替り無料なのかは、はっきり書いておいた方が良いと思います。例えば、日本はお茶はだいたい無料で出してくれますが、海外では有料のレストランも多いですよね。「えーお金取るの?!」という誤解を生まないためにも、明確な表示が重要です。

1人前量不足の他の対策としては、メニューの通常サイズ Regular に加えて 大き目サイズ Large を用意するのも良いかもしれません。訪日客に限らず、食事の適量というのは人によってかなり違うので、誰に対しても親切なメニューになるかと思います。そういったメニュー構成が可能な飲食店は、ぜひ検討してみてください。